2018年12月17日月曜日

【レポート】いろんな伊豆の石で焼く石焼き芋食べ比べる日

12月15日は、「いろんな伊豆の石を使って焼く石焼き芋 食べ比べる日」でした。
四種類の石は、それぞれ、伊豆半島を構成する安山岩、玄武岩、凝灰岩、そしてスコリア。
朝日研究員より、それぞれの石がどういうものか、そして石焼き芋が甘くなる原理についてレクチャーを受けてから、遠心分離機や糖度計を使って検証を始めました。数値の計測だけでなく、それぞれの味覚も記録し、最後に集計。
結果は‥‥かなり意外なものに!





ここで発表したくて仕方がありませんが、1月14日に予定されている「アンコール」を開催するまで内緒にしておきます( ^ω^ )

2018年12月6日木曜日

【イベント】アンコール!伊豆の石で焼く石焼き芋

悲しいお知らせ😢。12月15日に開催予定の「いろんな伊豆の石で焼く石焼き芋食べ比べる日」は好評につき満員。お申し込みを締め切りました。

でもその代わり嬉しいお知らせが😍!なんと年明け1月14日(祝・石の日)に「アンコール!」を開催します。
大人も子供も、成人式の帰りにも、伊豆の石で焼く石焼き芋はいかがですか?

こちらからお申込みいただけます。

https://izugeopark.org/2018/12/06/encoreimo/?post_id=23836




2018年11月17日土曜日

【レポート】伊豆色の絵を描こう そのへんの石で作った岩絵の具でお絵かきするワークショップを開催しました!


ゴン、ゴン、ゴン…
今日は朝からジオリアの中庭で打楽器練習会?
そのうちなにやら重低音も響きはじめました。

じつは今日は伊豆色の絵を描くワークショップの日。大人や子どもが集まって、石を砕き、粉にして岩絵の具を作ります。今回は、伊豆のジャスパーや凝灰岩、スコリアなどのほか、牡蠣の貝殻も使用。また伊豆産ではありませんがラピスラズリの原石を使って青も加えてみました。

作業はちょっと大変ですが、みんなだんだんコツを心得て、一心不乱。すっかり石の扱いに熟練して頼もしい。もっとこんな道具があれば、などアドバイスも飛んできます。

それからみんなで作った絵の具を使ってそれぞれの絵を描きました。ひとりひとり様々で、とってもステキで綺麗な絵が描けました!…なのに完成形の絵の写真を撮りそこねた💦お見せしたかったです。

次回は絵の具によさそうな石を探すところから始めても楽しいかもしれません!
伊豆のジャスパーを岩絵の具にします

ちゃんと絵の具になっています

牡蛎の殻も絵の具に!


パレットはこんなにカラフル

いくつか図柄を用意しました。白濱神社。

一心不乱にごりごりごり…

葉っぱの表情が上手に表現されています

粉にした岩絵の具には好きな名前を付けました。

2018年11月8日木曜日

【イベント】クリスマスイブ・モチ Pounding Mochi party on Christmas Eve

今年はジオリア館長の田んぼでもち米が豊作!
ついては餅つき大会をクリスマスイブに開催します。

Let's pound Mochi!
A japanese traditional ritual to prepare a happy new year!
Mochi rice is from our bureau chief's rice field.

Free of charge. Reservation needed.

ジオリアにて。
参加無料!申込制。定員先着20名です。

申し込みフォーム Reservation foam

【イベント】いろんな伊豆の石で焼く石焼き芋 食べ比べる日

木枯らしが吹いてくると焼き芋が食べたくなりませんか。

焼き芋の食べ方の最高峰は、やはり石焼き芋に違いありません。

どんな石でもおいしくなるのかな?

12月15日(土)は、いろんな伊豆の石で焼く石焼き芋を食べ比べる日。

スコリア、凝灰岩、玄武岩、安山岩などを使って焼き比べ、食べ比べます。

火山の土地、伊豆ならではの新しい石焼き芋文化が生まれるかもしれません。

参加費無料

事前申込制(先着20名)

下記申込フォームからお申し込みください。

申し込みフォーム

【イベント】さあ伊豆色の絵を作ろう!

そのへんの石が、絵具の材料になるって知ってた?

昔ながらの岩絵の具は、石の粉で出来ています。

石から絵具を作って絵を描き上げるまでのワークショップです。

汚れても良い服装でお越しください。事前申し込みが必要です。

詳細はチラシをご覧ください。
申し込みは以下の申し込みフォームよりどうぞ。
※イベントは終了しました。

2018年9月20日木曜日

【レポート】夏だ!伊豆ジオ☆自由研究

夏休みも終わり、すっかり秋めいてきましたね。
暑かった今年の夏も、ジオリアで自由研究を行いました。
内容は、石ころ標本づくり(2回)と、キッチン火山実験。今年で3回目となりますが、毎年人気のイベントです。


石ころ標本づくりでは、石ころは何でできているのかということを調べました。


人間の身体は細胞の集まり。では、石ころはなんの集まりなのか?その答えを確かめるべく、偏光顕微鏡で石ころをのぞいてみることにしました。
今回観察する石は花崗岩(かこうがん)と安山岩(あんざんがん)。どちらも火山のあるところで見られる石です。


顕微鏡で石ころが何の集まりなのかを確認するには、石ころを光に透かせるほど薄くする必要があります。
ということで、ひたすらすりすりと石ころを磨き続けました。


そして、0.04mmになるまで石ころを磨いて偏光顕微鏡で覗くと、石ころは「鉱物」からできていることがわかりました!
完成した標本を顕微鏡でのぞいて、角度を変えながら観察するときらきらとしてとても綺麗です。




キッチン火山実験では、火山のひみつを実験でいろいろ調べました。
マグマが噴火する仕組みを調べたり、日本でいちばん高い富士山の地形を知るため、立体地形図をお弁当パックで作ったり……。



お弁当パック地形図は、保護者の皆様も参加して家族で別々の地形図を作っている方もいらっしゃいました。お父さんもお母さんも真剣!



来年の夏の自由研究も、ジオリアでお待ちしています!

2018年9月13日木曜日

【企画展】伊豆の大地とともに「狩野川台風」

1958年(昭和33年)9月26日深夜。
伊豆半島に近づいた台風は、狩野川流域を中心に大きな被害をもたらしました。
今年はこの「狩野川台風」から60年の節目を迎えます。

自然は私たちに美しい風景や特産品などの恵みをもたらしてくれる一方で、生活に大きな影響を及ぼす災害を引き起こします。
それでも人々は自然と向き合い、工夫を重ねて付き合い続けてきました。
その工夫は治水工事などのハード面の整備だけでなく、祭りや伝承など、災害後の心の在り方にもおよびます。

60年の節目に、この展示が、自然災害や自然と人々との共生を学び、考えるきっかけとなれば幸いです。
11月末くらいまで展示予定です。



また、地元伊豆長岡の演劇サークル「劇団DAN」が狩野川台風をモデルにした公演を打ちます。
公演は9月22日、23日の2日間。場所はジオリアと同じ建物の修善寺総合会館にて。
詳しくは劇団のフェイスブックをご覧ください。

劇団DAN Facebook

【企画展】アクティブ・レンジャー写真展


本日より、環境省関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーさんによる写真展が始まります!

伊豆半島は主に海岸部と中央部の天城の山々が「富士箱根伊豆国立公園」のエリアに属しています。
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
普段のパトロールの時に撮影された写真は、自然のさまざまな姿を教えてくれます。
9月25日(火)まで。

アクティブレンジャー・日記〔関東地区〕
http://kanto.env.go.jp/blog/

2018年8月16日木曜日

多目的室を開放します!

子どもたちが夏休みの宿題や、
自由研究をじっくり考えるためのスペースを用意しました!

ジオリアに来て、この黄色い看板がかかっていたらどうぞ。
中には本もたくさんあります!

ただ、時々先約ありで使えないこともあります。
その時はごめんなさい(そんな時、看板は取り外してあります)。

31日まで解放中です。